FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ランウェイ☆ビート』初日舞台挨拶が行われました!

本日は映画『ランウェイ☆ビート』初日舞台挨拶が行われました。そのもようをお届けいたします。

日程:3月19日(土) 
会場:新宿ピカデリー・スクリーン6
登壇者:瀬戸康史、桜庭ななみ、桐谷美玲、IMALU、田中圭、加治将樹、小島藤子、大谷健太郎監督
司会:田中みな実(TBSアナウンサー)


司会:この度、3月11日に発生しました「東北地方太平洋沖地震」により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。キャスト・スタッフ一同、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

新宿ピカデリーでは、地震発生に伴い、営業を中止して館内の安全点検を実施して参りました。そして、安全面・運営面につきまして営業に支障が無いことが確認できましたので、本日舞台挨拶付き上映を開催させていただきました。

本日初日を迎え、本作品に出演された俳優のみなさん、大谷健太郎監督が登壇いたします!まずは主人公・溝呂木美糸(みぞろぎ・びいと)を演じました、瀬戸康史さんです。

瀬戸康史:この度、東北地方太平洋沖地震によって大変な思いをしている方がたくさんいらっしゃると思います。そんな中、僕たちにできることは少ないけれども、この映画で元気とパワーを与えられたらと願っています。今日はありがとうございました。

司会:続きまして、ビートに胸をときめかすヒロイン・メイ役の桜庭ななみさん、お願い致します。

桜庭ななみ:今日はありがとうございました。この作品で、一人でも多くの人に笑顔になってくれたら嬉しいなと思います。

司会:では、売れっ子モデルの高校生・ミキを演じました、桐谷美玲さん、お願いします。

桐谷美玲:このような中、少しでも幸せな気分で笑顔で帰っていただければ嬉しいです。ありがとうございました。

司会:続いて悩めるメイの大親友アンナを演じました、IMALUさん、お願いします。

IMALU:本当に大変なこんな時だからこそ、映画を通じでパワーを与えられればいいなと思います。

司会:いじめられっ子から大変身をとげるワンダを演じました、田中圭さん、ご挨拶をお願いします。

田中圭:本当に何と言っていいのか…分かりません。でも、今日来てくれた皆さんとこの瞬間を共有できて嬉しいです。

司会:続きまして、クラスのいじめっ子、郷田(ごうだ)役の加治将樹さん、お願いします。

加治将樹:本当に映画を楽しんでくれたら嬉しいです。

司会:続いて、大人しい学級委員から大変身したけいこを演じました、小島藤子さん、ご挨拶をお願いします。

小島藤子:今日はありがとうございました。皆さんに楽しんでいただければ嬉しいです。

司会:最後に大谷健太郎監督、ご挨拶下さい。

大谷健太郎監督:映画人は、映画を通してみなさんに夢と希望を与えるのが仕事だと思いますので、一人でも多くの人に、明日の元気を与ることができればと願っています。

司会:さて、この映画は日本映画初のファッションをテーマにした映画で、しかも、皆さんもご覧なったかと思いますが、3Dでしたね?その部分に強いこだわりを感じたのですが、どのような想いで作られたのですか?

大谷健太郎監督:3DはSFやファンタジーが多いと思うのですけど、それ以外では何かと考えた時に、ファッションショーをライブ感覚で楽しんでもらえたら…と思ったのですが、いかがでしたでしょうか?(会場から大きな拍手)

司会:ありがとうございます。しかもこの映画は、家族愛、クラスメイト、親友との絆が描かれていました映画だけでなく、同世代の皆さんが集まった現場では、それぞれの絆も深まったかと思います。皆さんにお話を伺ってまいりましょう。

では、小島さんにお伺いいたします。現場のムードメイカーといえば加治さんだったと聞きましたが、実際に会う前のイメージと現場でのイメージで変わったことはありましたか?小島さんしか知らない加治さんの秘密などあれば教えて下さい。

小島藤子:本当に映画の後半のキャラ通りで、真夏での撮影の中、いろいろ盛り上げてくれました!加治さん、撮影時クラスの全員で銭湯にも行ったと聞きました。

加治将樹:田中さんがみんなを誘ってくれて、15人くらいで銭湯へ行ったんですけど、すごく小さいお風呂で!出た後にはほとんどお湯が残っていませんでした。

司会:田中さん、ワンダとして一番関わったのがミキティこと桐谷さんだったと思います。しかも、映画ではとても良い感じの関係になっておりましたが、もし、こんな子がクラスにいたらどうしますか?

田中圭:いや、映画そのままだったらちょっと怖いですよね(笑)。でも、桐谷さん自身は綺麗で若い子というイメージそのままでした。

司会:桐谷さんは現場で同い年のIMALUさんとよくお話をされていたとのことでしたが、どんな話をよくされていたのですか?

桐谷美玲:ガールズトークしていました。どんな人が好みだとか、そんな話なんですが、途中で田中さんも入ってきたりして、盛り上がりました。

IMALU:美玲は、絶対そこに行かないでしょ!というような個性的な人が好きなんです。でも、二人で励ましあってました。田中さんも入ってきたんですけど、アドバイスは無かったですね。(笑)

司会:IMALUさんは意外と人見知りの皆さんにどんどん自分から話しかけていったと聞きました。

IMALU:私自身がすごく緊張していたので、自分でどんどん話しかけるようにしました。

司会:桜庭さんは瀬戸さんと一番共演時間が長かったと思いますが、瀬戸くんはこの映画の座長として如何でしたでしょうか?頼りになったことや、面白かったエピソードなどありましたでしょうか?

桜庭ななみ:瀬戸さんは…頼りになりました(笑)。みんなに怖い話をしてくれたんですけど、ぜんぜん怖くないんですよ!

瀬戸康史:そうなんです、逆に大爆笑されました。話をひっぱりすぎちゃって…。(会場笑)

司会:去年の6月28日から撮影が開始し、このメンバーでプロモーションや舞台挨拶、キャンペーンなどを今日までこなして参りましたが、初主演映画である瀬戸さんにとって、皆で過ごしてきた時間や初日を迎えての想いなどありますか?

瀬戸康史:こんな大変中、初日を迎えることができて本当に嬉しいです。僕は人見知りなので、座長として大丈夫かなと始まる前は緊張していましたが、本当に沢山の人に支えられて完成し、そして公開することができました。人との絆や愛などの大事さを実感しています。ありがとうございました。

初日1

なお、本日行われた各舞台挨拶終了時にキャストと監督が会場から「東北地方太平洋沖地震」被災地への寄付を募り、合計222,179円の募金が集まりました。この寄付金は日本赤十字社を通じて各被災地へ送られます。

初日2

 

 
関連記事

≪ 「Sweeteen」読者モデルオーディション/グランプリ&特別賞が決定しました!ホーム『ランウェイ☆ビート』劇場情報を更新いたしました。 ≫

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

『ランウェイ☆ビート』管理スタッフ

Author:『ランウェイ☆ビート』管理スタッフ
 
映画『ランウェイ☆ビート』公式ブログです。
2011年3月19日(土)全国ロードショー!
http://www.runbea.jp

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。